大きな古時計 / 童謡(★☆☆)
My Grandfather's Clock /
Powered by hk [JPN]
Qactus should be on 2fret
Qactusを 2フレット に装着
Memo:
歌詞&コードサイト
powered by
U-fret
transpose:
shape key: G
the practical key is A
It's not the same key between the sound you make and that in your mind because of the Qactus
「歌詞&コード」サイト側の設定は アクセス時の状態のままでOK です
演奏する時の頭の中のキーは G です
結果、奏でられるそのキーは A になります
※Qactusを装着した状態で押さえたコードと実際に鳴り響く和音は、音程(キー)が異なります
楽曲参照サイト
powered by
Youtube
this videos is on the key of A
playing with the video is possible
参考音源の楽曲キーは A なので
参考音源に合わせて演奏 可能
hk [JPN] has more
▼QactusCore版『大きな古時計』の演奏例
https://youtu.be/fI2aBkTFzSE
 
 
まず「弦をはじくほうの手」の話をします。

ギターに触れたばかりのビギナーでも演奏できるよう、最も基本的なトレーニングストロークをひとつだけ紹介します。

この動画をよく見ながら、あくまでトレーニングとして、ニュアンスも含めて真似してみてください。

▼Guitar + [Qactus] Strumming Patterns 4th-feel 01 [4/4]
https://youtu.be/I16jJbeGGYs
 
 
しかしながらこの「大きな古時計」という曲の物悲しさを弾き語りで表現するには、上記のように一定の周期でリズムを刻むよりも、コードひとつにつき一回ずつのみ、ゆっくりと「ポロン…ポロン…」という感じで、優しく歌に添える程度の伴奏のほうがグッときます。
もちろん、ちゃんと歌わないとただの元気のない弾き語りになっちゃうので、全体の雰囲気に宿る「明るさ」と「物悲しさ」を、実際にその耳を使って探ってみてくださいね。
 
 
次に「コードを押さえるほうの手」の話をします。

「歌詞&コード」サイトは平井堅バージョン(キーはB)になっていますが、Qactusのセッティングは童謡(キーはA)。

ちなみに、ちょっとややこしいぞと思った人、今の話は忘れてください。何にも差し支えないので、何ごともなかったようにこの先を読み進めてください。

コードは5つですが、一番最初に表示されているダイヤグラム「G,G7,Gsus4」と、一番最後に表示されているダイヤグラム「Am,A7」は、それぞれの複数のコードネームを覚える必要はなく、前者は「Gのたぐい」、後者は「Amのたぐい」と、一番最初にあるコードネームだけを覚え、それに続くいくつかのコードネームをひっくるめて「コードのたぐい」と捉えてください。

QactusCoreでは、この「コードのたぐい」という発想で沢山のコードネームをひとまとめにすることが時々あり、これによってビギナーが「コードがいっぱいで覚えるのは無理だ」と、着手する前に諦めてしまうような悲劇を避けることを目指しています。
 
 
という訳で、ちょっと親切にいろいろ書いてしまいましたが、この古い名曲には聴き手の心を揺さぶる力があります。

もし自分の演奏で誰かの涙がポロリと落ちたら、それは演奏者にとって最高の喜びであり、最高の経験ですよね。

QactusCoreなら万人にそのチャンスがあるので、ぜひいきなりそこを目指してみてください。
 
finger no.
sample
sample
sample
sample
sample

pagetop